MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

動物性タンパク質と植物性タンパク質とは?

皆さん、明けましておめでとうございます🎉

Dr.トレーニング椎名将輝です!

スタッフのみんなと雪の中お参りに行ってきました!

皆も情熱的すぎて寒さを感じませんでした🤣

皆様も充実した一年になりますように✨

今回はタンパク質の種類についてお話ししていきます! ダイエットや筋肉を大きくする時に重要になる栄養素ですね!

 

タンパク質の種類

 

タンパク質には、大きく分けて植物性タンパク質と動物性タンパク質というものがあります。

皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか? この2つの違いは簡単に言いますと、

必須アミノ酸のバランス、体内の吸収率に大きな違いがあります。少し難しいですね…

20種類ものアミノ酸がタンパク質の原料になっていて、そのうちの9種類は体内では合成する事ができないので、

食事からとる必要がります。この9種類を必須アミノ酸といいます。動物性タンパク質には9種の必須アミノ酸が

含まれている事が多いですが、一部の植物性タンパク質は不足しているものがあります。

体内の吸収率も動物性タンパク質97%に対して、植物性タンパク質は84%となってます。

こう見ると、植物性タンパク質は取らなくてもいいんじゃないか?と疑問が生まれますよね?

実は動物性タンパク質にもデメリットがあり、動物性タンパク質を取り過ぎてしまいますと、

肥満や生活習慣病の原因にもなります。なのでバランスよく摂取する必要があります。

 

植物性タンパク質

植物由来のタンパク質になります。

豆や豆腐などの大豆製品に多く含まれていて、ダイエットの際に気になりがちな油脂をほとんど含んでいないため

低脂肪、低カロリーの食事を取ろうとした際には理想的なタンパク質になります。

 

動物性タンパク質

主に肉や魚などから取ることができます。卵を割ったときに出てくる黄身を守っている周りの透明な部分(卵白)も

動物性タンパク質に分類されます。

動物性タンパク質は手軽に必須アミノ酸を摂取できるので、トレーニングで傷ついた筋肉を早く修復したり、

ストレスで免疫力が低下した体を回復する効果もあるので積極的に取っていきたいです。

 

理想的な植物性タンパク質と動物性タンパク質の摂取バランス

詳細なバランスというものは個人差があるので一概には言えませんが、

1対1のバランスで取っていくのが理想的になります。

ダイエットをしているからといって植物性タンパク質ばかり取りすぎてしまっても、

必須アミノ酸が不足し、食欲が低下して栄養不良の悪循環に陥ってしまいます。

逆に筋肉をつけたいからと言って動物性タンパク質を取りすぎても、脂肪がついてしまい

肥満につながります。バランスよく摂取するように心がけましょう!

 

 

 

 

 

■Dr.トレーニング田園調布店

田園調布の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング田園調布店〉

03-5755-5541

〒145-0071
東京都大田区田園調布2丁目50-11 ちきりやビル1F
>田園調布のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>>田園調布のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP