MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

筋トレの効果を引き出す原理原則

皆さん、こんにちは!

Dr.トレーニング田園調布店の椎名将輝です!

もう雪が降りそうですね⛄️前職の時に作った雪だるまです…笑

今回はトレーニングの効果を最大限に引き出す原理原則についてお話ししていきます。

 

トレーンングの3原理

1.過負荷の原理

日常生活上の負荷を体に与えなければ、

トレーニングの効果は現れません。これを「過負荷の原理」と言います。

また、トレーニングをしていても毎回同じ負荷だと体が刺激に慣れてしまい、

効果が現れにくくなります。体に変化を出すためには、常に負荷を高めていく事が大切になります。

2.可逆性の原理

一定期間トレーニングをしていても、やめてしまったら

体が元に戻ってしまいます。これを「可逆性の原理」と言います。

体力や体型を維持し続けるにはトレーニングを継続していくことが大切になります。

3.特異性の原理

トレーニングはやり方によっては効果が変わります。これを「特異性の原理」と言います。

例えば、足を鍛えたいのにベンチプレスばかりやっていても足は大きくなったりしません。

目的に合ったトレーニングを正しく行う必要があります。

 

トレーニングの5原則

1.全面性の原則

筋トレする上で、鍛えたい場所や好きな部位、好きなエクササイズなど皆さんあると思います。

しかし、偏ったトレーニングメニューは、ボディーバランスの崩れや

怪我の原因につながる場合もあります。

人間は日常生活で、実際に動いてる部分以外でも姿勢を保って、体を安定させるために

無意識的に力を発揮してる部分が存在します。そのため、気になる部分だけではなく、

全体的に体を鍛えてあげることで、気になる部分のトレーニング効果も高まります。このことを「全面性の原則」といいます。

2.意識性の原則

筋トレで鍛える筋肉、使いたい筋肉を意識させた方がいいです。これを「意識性の原則」といいます。

なぜ、そのトレーニングを行うのかしっかり意識してメニューの組み立てや、

トレーニングを行う上で正しいフォームを身につけましょう!

3.個別性の原則

人はそれぞれ身体組成、体力など全てが同じという人は誰一人いません。

なので、トレーニングの内容も皆同じではありません。各個人に合ったトレーニングを行う必要がります。

これを「個別性の原則」といいます。

4.漸進性の原則

筋肉を増やしていくためには同じ負荷でずっと続けるのではなく、

徐々に負荷を高めていく事が必要です。これを「漸進性の原則」といいます。

ここで、ポイントになるのが徐々に負荷をあげる事です。

急激に負荷を高めると体がすぐに変わるというわけではありません。

逆に怪我に繋がってしまって、トレーニングができない状態に陥ってしまいます。

なので、まずは徐々に負荷をあげていきましょう!

5.反復性の原則

トレーニングの効果を出すには、どんなにきついトレーニング、優れたトレーニングをしても、

数回やっただけでは効果は現れません。反復して継続することで、初めて効果が現れます。

これを「反復性の原則」といいます。負荷を徐々に高めながら継続していくことで、

効果が高まっていきます!

 

長くなりましたが、原理原則を意識して是非トレーニングしてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Dr.トレーニング田園調布店

田園調布の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング田園調布店〉

03-5755-5541

〒145-0071
東京都大田区田園調布2丁目50-11 ちきりやビル1F
>田園調布のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>>田園調布のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP