MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

クーラー病に気をつけろ🚨

皆さんこんにちは!

Dr.トレーニング田園調布店の出口です💪

夏の暑い時期はクーラーをつけて涼しい部屋で過ごしたいですよね?🎐

自分もそうです!

ですが、クーラーの効いた部屋にずっといると体調が悪くなってしまうかもしれません!!

今回は、そんな冷房病について話していこうと思います!

冷房病(クーラー病)とは

私たちの体は、夏になると体内での発熱を抑制し、さらに熱を逃しやすい体質に変化します!

しかし、その夏の体質のため、冷房の効いた室内にいても血管が縮みにくいため、体内の熱が逃げすぎて冷えたり外出先との温度差によって自律神経のバランスが崩れてしまいます。

自律神経は体温調節や発汗などのコントロールをしていますので、バランスが崩れると「冷え」に対して、抵抗力が弱くなってしまいます!

足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠など冷えによって起こる様々な症状が冷房病と言われるものです!

冷房病への対策

冷房病や冷え性は、エアコンとの付き合い方含め、服装や食事、運動など毎日の生活習慣と深い関わりがあります!

エアコンの標準的な設定温度は25〜28度が良いとされています👍

ただ、体感温度は人によって違うので、「寒い」と感じない温度が基本となります!

エアコンの設定温度は「外気温マイナス3〜4度」を1つの目安にすると良いとされています!

服装

オフィスなど、エアコンの温度や風向きを勝手に設定できない場所もありますよね!

そうした場所では、自分なりの自衛策が必要となってきます。特に、腹巻きは効果的です!!!

冷えから胃や腸の障害を起こす人も多いので、腹部を温めると全身の温度も上昇しやすいからです🔥

OLの方などは、冷房に直接当たらないように、薄手のカーディガンやスカーフなどで肌を隠すのもオススメです!!

食事

冷房病や冷え性を予防するには、「体の芯を冷やさない」ことが大切になってきます!

体を温める食べ物を「温性食物」と言われその代表がしょうが、ニンニク、玉ねぎ、かぼちゃ、チーズなどです🔥

また、胡椒や唐辛子なども同じ効果があります!

食欲があまりない場合、冷たいものを食べると胃腸を冷やし、かえって体調を崩しかねません!!

また、食事を抜くとカロリー不足から体が冷えやすくなり、さらにビタミン不足から体のだるさや疲れが助長されてしまうので、少しでも良いので温かいものを食べるようにしましょう!

運動や入浴

体で冷えを最も感じやすいのはどこだと思いますか?

実は足先なのです👣

エアコンの冷気が床近くにたまることと、足先は心臓から遠いため血流の流れが悪くなりやすいからです!!

仕事中でも1時間に1度くらいは歩いたり、立ったりなどの軽い運動で足先の血流の流れを改善しましょう!!

日頃から軽い運動でも良いので、足の筋肉が適度に鍛えられ血流が良くなり、足先の冷えが改善されていきます!

入浴も冷房病や冷え性の予防効果があります!

夏はついシャワーだけで済ませたくなりますが、お湯に浸かると足が温まるだけでなく、水圧によって血流も良くなってきます✨✨

お湯の温度は、低めにしてゆっくり浸かる方が、湯冷めによる体温低下を防ぐことができます!

ストレスを溜めない

ストレスが溜まると自律神経の働きが低下し、冷房症や冷え性を起こしやすくなります!!

自律神経を補正するためにも、睡眠や入浴でリフレッシュしましょう😆

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

暑いからクーラーをガンガンにつけたいと思いますが、温度なども考えながらつけましょう!!

また、暑いと外に出たくないと思いますが、それでは運動不足や体力が減ってきてしまいます⏬⏬

少しの時間でも良いので、外に出て運動もしていきましょう👍

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

Dr.トレーニング田園調布店 出口右京

 

■Dr.トレーニング田園調布店

田園調布の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング田園調布店〉

03-5755-5541

〒145-0071
東京都大田区田園調布2丁目50-11 ちきりやビル1F
>田園調布のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>>田園調布のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP