MENU
CONTACT

超回復とは?

こんばんは!Dr.トレーニング田園調布店副店長松田です!

 

前回は筋肉の回復についてお話ししましたが、今回は「超回復」についてお話しします!

 

スポーツやトレーニングを行っている方は、一度は聞いたことがあるかと思います。

なので、超回復について詳しくお話ししていきます!

 

超回復

超回復は実は正式な理論として使われている言葉ではありません。

 

トレーニングをすると筋肉が疲労します。その後、筋力が落ちたままでは困るので、だんだん回復していきます。

しかし、疲労→回復という過程を繰り返しているだけでは、筋肉が強くなることにはなりません。

ここで、「回復した後には前よりも強くなるフェーズがあるはず」という仮説が出てきます。

実態はわからないけど、きっとあるはずということで、疲労→回復によって前のレベルを超えることを超回復と呼んだわけです!

 

超回復の現状

特殊な条件でトレーニングをして、そのデータを追っていくと、たしかに超回復が現れることはあります。

ただ、普段やっているようなトレーニングで現れるかというと、ほとんどわからないのが現状です。

ましてや、一回のトレーニングで目に見えて筋肉が強くなることはありえません。

 

今日のトレーニングで100kg上がった。明日と明後日は回復期で、明々後日になると超回復して、105kg上がるなんてことはないです。調子が良ければ102.5kgぐらいは上がるかもしれません。

ですが、3〜4日後に必ず超回復がくるということは幻想に近いです。

 

ごくわずかな超回復が起こり、その積み重ねで徐々に強くなっていくと考えた方が良いです!

 

どうすれば起こるのか?

やり慣れているトレーニングなら、2日後には回復が終了する場合もあります。

しかし、慣れない特殊なトレーニングをした後は、完全に回復するまでに10日〜2週間ほどかかる場合もあります。

トレーニングから何日あければ回復するかというのは、一概にも判断できないんです。

 

ただ一つのヒントとして、回復期には筋肉の中でタンパク質の合成レベルが高くなります。

それは、栄養素として摂ったアミノ酸を合成して新しいタンパク質をつくり、筋肉を太くしようとするからです。

その合成は48〜72時間後ぐらいまで続きます。そこでおそらく筋肉の修復・合成が一段落すると考えられます。

超回復が起こっているとすればこの時ですね!

 

回復期はパフォーマンスが低く、そこで激しいことをやっても筋肉を太くするためには効果はありません。

同じ部分の筋肉を鍛えるなら、最低48〜72時間はあけた方が良いです。

 

まとめ

以上が超回復についてです!

今回もなかなか難しい内容でしたね。

 

超回復は実際にはハッキリとわかっているものではありません。

ただ、トレーニングをしてちゃんと回復をしてあげれば、筋肉は強く、太くなっていくことには変わりませんのでご安心ください。

 

Dr.トレーニング田園調布店 副店長 松田開人

■Dr.トレーニング田園調布店

田園調布の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング田園調布店〉

03-5755-5541

〒145-0071
東京都大田区田園調布2丁目50-11 ちきりやビル1F
>田園調布のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>>田園調布のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP